展覧会/Exhibition

2019年4月28日 (日)

ゴンサロ・ピニージャ Gonzalo Pinilla

 神奈川県民ホールギャラリー(展示室1)で、6月に開催するコロンビアとアルゼンチンの三人のアーティストたちの一人、ゴンサロ・ピニージャ(Gonzalo Pinilla)は、1971年コロンビア生まれ。コロンビア国立大学版画・絵画課程を1995年に修了したのち、イタリアのフィレンツェ美術アカデミーで版画・壁画を学びました。コロンビア国内の大学等で版画の指導をしたのち、米国のアイオワ大学大学院に進み、版画修士課程を修了しました。現在、同大学で版画制作の指導にあたっています。 個展は、コロンビア、チェコ、米国などで開催。日本での初個展は2006年に横浜と東京で開催しました。

 2006年8月に横浜の神奈川県民ホールギャラリーで、「ラテンアメリカ美術 コロンビア作家の絵画・版画 ゴンサロ・ピニージャ展」を開催した当時の展覧会案内状に、ラテンアメリカ美術研究者の加藤薫氏は、ゴンサロ・ピニージャについて次のように書いています。

「コロンビアの出身の20世紀現代美術作家ではフェルナンド・ボテロの知名度が圧倒的に高いが、最近はボテロの呪縛から解放され、世代交代を感じさせる若くて才能ある人材が輩出している。絵画や版画といった平面作品をてがけるゴンサロ・ピニージャもその一人である。

 イタリア留学で確かなものしたメチエをベースに人間の優しさの背後に潜む獣性、消費される対象としての動植物が人間の生み出したモノを消費する倒錯、権勢の強さと裏腹の不安や脆弱さ、といった現実世界の多重性を暴き出している。

やみくもに先端技術を追うのではなく、人間と社会や動植物との共生という古くて根源的な課題に地道に取り組んできた。

現代美術批評の世界ではアヴァンギャルドの最先端が何処にあるかを競って論ずる時代はとっくに終わった。代わって、美術作家個人のモダニティー理解のレベルと、そのモダニティー理解がどのように巧みに作品に表象されているかが論じられるべき時代になっている。ピニージャの作品は、この新しい美術評論の言説に十分耐えうるものである。日本での作品公開が待ち遠しい」。

※6月に開催する展覧会の作家たちを何回かにわけて紹介します。

 

断片化されたメタファーと修復

イサベル・バルブッサ、パトリシア・レオン、ゴンサロ・ピニージャ三人展

会期 617日(月)-23日(日)

会場 神奈川県民ホールギャラリー展示室1

   横浜市中区山下町3-1

   みなとみらい線日本大通り駅3番出口より徒歩約8

   ※JR根岸線・市営地下鉄関内駅からは徒歩約15

   アクセス https://www.kanagawa-kenminhall.com/access

時間 10:0018:00

   ※17日(月)は13時から/23日(日)は15時で終了

作品リスト(一部)

ダウンロード - 3personas.pdf

同時期に、Akira-Isao Galleryで、パトリシア・レオンとゴンサロ・ピニージャの二人展を開催します。
Akira-Isao Galleryは神奈川県民ホールギャラリーから至近距離にあります。会期は、6月19日から28日までです。

 

 

 

 

|

2019年4月16日 (火)

断片化されたメタファーと修復 イサベル・バルブッサ、パトリシア・レオン、ゴンサロ・ピニージャ三人展 Fragmented Metaphors/Reparation Isabel Barbuzza-Patricia León-Gonzalo Pinilla

米国在住のコロンビア人とアルゼンチン人アーティスト3人の作品展を、神奈川県民ホールギャラリーで開催します。
写真家パトリシア・レオンと版画家ゴンサロ・ピニージャは、写真の言語と複製技法(写真と版画)によるグラフィック言語との関係を探る。イサベル・バルブッサは、植民支配者から独立・離脱してもなお南半球の国々に残る植民地遺産が語る物語を再文脈化し再形成する。

※パトリシア・レオンとゴンサロ・ピニージャの二人展を、神奈川県民ホールギャラリーの近くにある、Akira-Isao Galleryでも開催します。

詳細は後日お知らせいたします。

 

Isabel_barbuzza
Isabel Barbuzza/イサベル・バルブッサ《Chamán/シャーマン》2017
Discarded World Encyclopedia, glue, fabric, and wood.
©Isabel Barbuzza

 

Patricia_leons
Patricia León/パトリシア・レオン《Caja de Palabras/ことば箱》2018
Installation; Color Photography, printed words, and paper box.
©Patricia Leon

 

Gonzalo_pinillas
Gonzalo Pinilla/ゴンサロ・ピニージャ《Receta de Libros/本のレシピ》2018
Photogravure
©Gonzalo Pinilla

 

 

断片化されたメタファーと修復

イサベル・バルブッサ、パトリシア・レオン、ゴンサロ・ピニージャ三人展

会期 617)-23

会場 神奈川県民ホールギャラリー展示室1
   横浜市中区山下町3-1
   みなとみらい線日本大通り駅3番出口より徒歩約8分
   ※JR根岸線・市営地下鉄関内駅からは徒歩約15分

   アクセス https://www.kanagawa-kenminhall.com/access

時間 10:0018:00

   ※17日(月)は13時から/23日(日)は15時で終了

Fragmented Metaphors/Reparation
Isabel Barbuzza-Patricia León-Gonzalo Pinilla
Fragmented Metaphors/Reparation is a three persons exhibition by Isabel Barbuzza
(Argentina), Patricia León (Colombia) and Gonzalo Pinilla (Colombia), the three
residing in the United States.

While León and Pinilla examine the relationships between the photographic language and that of graphics via prints and photographs, Barbuzza re-contextualizes and reshapes the narratives that the legacy of colonization has left in countries of the Global South, even after independence and detachment from its colonizers.

León and Pinilla’s records of the visual presence of places, characters, and events that populate Latin American countries including Argentina, Chile, and Colombia orchestrate a visual dynamic dialogue. On one hand, because of their indexical nature, the images suggest direct references to the particular social and cultural landscape in Latin America and make visible the moment and circumstances of the photographic encounter. On the other hand, the graphic works brings us closer to the sound and the acoustic sensations that surround our daily lives. The graphic sign materializes the voices, words, and symbol from those that are not, from those that have been, from what was, and that sometimes mixes with what we can hear and what we can see. And finally, the fusion of the two artistic expressions merge into the informative function that represents man confronting the plain infertile, determined to deny some values, adverse to his way of life.

Barbuzza is very interested in the history of European colonization and conquest that has continued in the world through atlases, geography, movies, and history books. In the works presented for this exhibition, she has used discarded World Book Encyclopedias and some dictionaries that she has collected or people have gifted her. Using those discarded books she reconstructs information that is wrong and with a prevalent self-ascribed racial and cultural superiority of the Western world over the non-Western world. In some of the pieces she uses the entire books: book covers, fabric, pages and the fabulous gold leaf edges. Cuellos/ Ruffs are made from the pages that she has manipulated using water and glue. As Barbuzza worked on those pieces, she spent long hours looking at paintings of the period, specifically Reina Isabel and Rey Ferdinando’s portraits to inform her works.

 

 

 

 

|

2019年3月21日 (木)

インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 Impossible Architecture Another History of Architecture

Impossiblearchitecture_saitamakinbi20190
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史
Impossible Architecture Another History of Architecture
埼玉県立近代美術館 3月24日まで

10:00 17:30 (入場は17:00まで)

観覧料 一般1200円他

主催 埼玉県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会

Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902

制作:野口直人建築設計事務所

第三インターナショナル記念塔 ウラジミール・タトリン

模型(1:500)2019年


塔の高さ400メートルにおよぶ世界一高い構造物となるタトリンの《第三インターナショナル記念塔》は、ロシア革命およびロシアアヴァンギャルドの象徴的プロジェクトだった。しかしながら、内戦状態が続くソ連では、経済的にも技術的にも実現することなく終わった。建畠晢、埼玉県立近代美術館館長は、未完に終わったタトリンの《第三インターナショナル記念塔》を起点に置いた建築展を10年ほど前から構想に描いていた。

展覧会タイトルの「インポッシブル・アーキテクチャー」は決して、建てるのが不可能で実現できなかった建築を単に紹介することでなく、建築の不可能性に焦点をあてることによって、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がってくる。

本展の構想が明瞭になったきっかけは、ザハ・ハディッド・アーキテクツ+設計JVによる設計がコンペに当選した東京オリンピックのメーン会場となる新国立競技場のプランが2015年に白紙となるニュースを聞いてのことだったと建畠館長は述べている。

本展会場の最後には、この幻に終わった新国立競技場のパースや膨大な設計資料を展示している。


Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902_1

制作:諏佐遙也(ZOUZOU MODEL)

ウクライナ劇場国際設計競技応募案 川喜田煉七郎

模型(1:300) 2018年

Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902_2

東京計画1961-Helix計画 黒川紀章

模型


Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902_3

展示風景


Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902_4

展示風景


Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902_5

問われているプロセス/天命反転の橋 荒川修作+マドリン・ギンズ

1973-1989


|

2019年3月 3日 (日)

小西真奈展 新・北斎展

月が替わり、冬の寒さも残りながらも、春の陽光が感じる土曜日、世田谷の住宅街で開催されている個展を観に行った。春の陽光にふさわしい色調の小西真奈展。だいぶ前に、小西真奈さんの作品を銀座の画廊で観て以来のこと。

20190302


 そのあと六本木の森アーツセンターギャラリーの新・北斎展に。会場は混んでいたが、北斎のデビュー時の作品から展示が始まる同展は、北斎の約70年の画業を、6期に分けて作風と変遷を観ることができる。3/24まで

Shinhokusaimori

|

2019年2月24日 (日)

Carlos Mérida Retrato escrito (1891-1984)  カルロス・メリダ 描かれた自画像

Carlos Mérida
Retrato escrito (1891-1984)
カルロス・メリダ
描かれた自画像

Museo Nacional de Arte (メキシコ)
15 de Nov 2018 - 17 de Mar 2019

52519431_641118632987988_4165631816

 カルロス・メリダ(グアテマラ、1891-1984)が、メキシコにおいて活動し始めてから100年を記念する回顧展。メキシコ滞在開始から1984年に死去するまでのメリダの生きざま、制作過程、そして美術的親和性を巡る。

 ラテンアメリカのモダニストの先駆者カルロス・メリダは、1908年から1914年まで、パリで学び、ピカソ、モディリアーニなど、エコール・ド・パリの画家たち親交を重ねた。

 メキシコ壁画運動が始まる7年前に、メリダはインディヘナ芸術運動を始める。ディエゴ・リベラの初の壁画作品制作を手伝うが、芸術的方向性が近いルフィーノ・タマヨに傾倒していく。そして、メリダは、タマヨのように、大画面の絵画よりもイーゼル絵画を好んだ。タマヨとメリダ二人は、ヨーロッパのモダニズムと、アメリカス特有の形態や主題と融合させることを望んでいた。

 メリダの絵画様式は、三つの時代に大きく分けられる。1907年から1926年までの具象時代、1920年代後半から1940年代後半までのシュルレアリスム時代、そして1950年から1984年に没するまでの幾何学時代である。

|

2019年2月18日 (月)

イサム・ノグチと長谷川三郎-変わるものと変わらざるもの Changing and Unchahing Things: Noguchi and Hasegawa in Postwar Japan

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokobi20

 札幌のモエレ沼公園、高松のイサム・ノグチ庭園美術館、岐阜提灯のAKARI、山口淑子、フリーダ・カロなどと、イサム・ノグチにまつわるキーワードが浮かぶが、活動の場をアメリカに置いた長谷川三郎については、一部の美術評論家や画家しか語り伝えられていない。

 イサム・ノグチと長谷川三郎の間でどのように共鳴しあったかを知る展覧会が、横浜美術館で3月24日まで開催されている。

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokobi_2
左はイサム・ノグチの《雪舟》(1958年、アルミ板)。イサム・ノグチは、長谷川三郎の死後、この作品を制作している。長谷川は東京帝国大学で、禅僧の雪舟に関する卒論を残している。右は、長谷川の《無題》(1954年、墨、紙本)。

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokobi_3
イサム・ノグチ 《雪舟》(1958年、アルマイト処理されたアルミ板)
Wadsworth Atheneum Museum of Art; gi of an Anonymous donor, 1962.259

 山口県豊浦郡(現・下関市)で1906年に生まれた長谷川三郎は芦屋の甲南高等学校に通いながら、油彩画を小出楢重から学んでいる。美術史を専攻した東京帝国大学を卒業後、パリに留学する。帰国後、1936年から抽象的作品を描きはじめた。

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokobi_5

展示風景

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokobi_6
左は、長谷川三郎《蝶の軌跡》(1937年、油彩、カンヴァス)京都国立近代美術館蔵

 ロンドンと香港に海外勤務した経験のある長谷川の父親は、英語が話されるコスモポリタンな環境で息子を育てた。長谷川自身も1931年から36年まで英国人美術評論家の娘と結婚生活を送った。一方、ノグチは日本の詩人野口米次郎を父に、アメリカ人編集者レオニー・ギルモアを母に持つ。それぞれ国際的感覚を持つ二人の出会いは、ノグチが社会において彫刻の果たす役割を考察するために行った世界旅行の最後に来日した時のことであった。長谷川は、ノグチを京都、奈良、伊勢などを案内する。変わらぬ「東洋の伝統」と変わる「西洋の近代」について共通の芸術観、文化感をもつ二人は意気投合したのだった。

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokobi_8
右は、長谷川三郎《無像-装飾的な絵》(1953年、墨、木版、水彩、紙本)オークランド美術館(カリフォルニア州)蔵(寄贈:オークランド美術館女性評議員会)
左は、イサム・ノグチ《無限連結》(1957年、鋳鉄)イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokob_10
左は、長谷川三郎《Non-Figure》(1953年、墨、木版、紙本)兵庫県立美術館蔵
右は、イサム・ノグチ《書》(1957年、鉄、木、縄、金属)イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵


 抽象芸術と日本の伝統美の関係に対する長年の迷いが払拭され、油彩画の制作をやめ、拓本や水墨による表現へ移行する。

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokob_11
左は、長谷川三郎《桂》(1951年、木版、紙本、二曲一双屏風)国立国際美術館蔵
右は、長谷川三郎《Civiliazation》(1951年、墨、紙本、双幅)長谷川家コレクション

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokob_12
イサムノグチ、左から、《幻想のカーテン》(1952年、信楽、伊賀釉)、《顔皿》(1952年、信楽)、《男》(1952年、信楽)、いずれもイサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokob_13
左は、イサム・ノグチ《広島のための鐘楼》(1950年、<1986年、一部分を再制作>、テラコッタ、木)イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵
右は、イサム・ノグチ《広島の死者のためのメモリアル(1/5模型)》(1982年、玄武岩、ステレンス鋼、木)広島市現代美術館蔵

Hasegawasaburoisamunoguchi_yokob_15

茶室をイメージさせるイサム・ノグチの作品展示構成

 戦後、その国粋主義的言説によって、長谷川三郎は画壇から孤立したが、1950年のイサム・ノグチとの出会いで、その後の人生は変わった。海外にルーツをもつイサム・ノグチも、東洋の伝統「変わらざるもの」と西洋の近代「変わるもの」がそれぞれが触媒となって、彫刻《雪舟》などの作品を生み出していった。

イサム・ノグチと長谷川三郎-変わるものと変わらざるもの
Changing and Unchanging Things: Noguchi and Hasegawa in Postwar in Japan
横浜美術館(横浜市西区)
2019年1月12日(土)~3月24日(日) 開館時間 10時~18時
*2019年3月2日(土)は20時30分まで
*入館は閉館の30分前まで
休館日 木曜日(2019年3月21日[木・祝]は開館)、3月22日(金)
主催 横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)、イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
後援 アメリカ合衆国大使館

|

2019年2月 9日 (土)

La Autonomía del Color Carlos Cruz-Diez 色の解剖学 カルロス・クルス=ディエス (メキシコ)

Carloscruzdiez
Foto: Regina García-Rojas Hoyos

La Autonomía del Color
Carlos Cruz-Diez

08.XII.2018 – 02.III.2019

La Galería RGR
Calle General. Antonio León 48,
San Miguel Chapultepec II Sección
Ciudad de México

色彩研究家でもあるカルロス・クルス=ディエス(カラカス、1923-)の新作16点を展示。

By the enf of the 1950 decade, Carlos Cruz-Diez proposed himself a personal and artistic challenge that would earn him a personal and artistic challenge that would earn him a privileged spot in the history of art in the 20th century: freeing color from form, presenting an ever changing circumstance, autonomus and unstable that could live beyond the support. From the basis of his plastiv speech in 1959, all the work of Cruz-Diez has been a long process of investigaction directed to discover, create and propose new ways to adress the color phenomenom in art.  The exhibition gathers a wide sample of his research from a selection of some of his most recent works.

Carlos Cruz-Diez

Artista franco-venezolano, Carlos Cruz-Diez (Caracas, 1923) vive y trabaja en París desde 1960. Es uno de los protagonistas más relevantes del arte óptico y cinético, corriente artística que reivindica "la toma de conciencia de la inestabilidad de lo real”. Sus investigaciones lo revelan como uno de los pensadores del color del siglo XX. El discurso plástico de Carlos Cruz-Diez gravita alrededor del fenómeno cromático concebido como una realidad autónoma que evoluciona en el espacio y en el tiempo, sin ayuda de la forma ni del soporte, en un presente continuo.

|

2019年1月30日 (水)

21st DOMANI・明日展 21st “DOMANI: The Art of Tomorrow” Exhibition

Domani21stnact20190121_1s


若手芸術家たちが海外の関係機関等で行う研修を、文化庁が支援する「新進芸術家海外研修制度」の成果展が、3月3日まで国立新美術館(東京・六本木)で開催されている。 


最初の展示は、和田的(派遣国:フランス・パリ、以下カッコ内は派遣国名を示す)の水面の美しさを写し取った青白磁などの作品。 
Domani21stnact20190121_48s

19世紀末に発明された動画装置キノーラを使ったメディア作品の蓮沼昌宏(ドイツ・フランクフルト)。
Domani21stnact20190121_12s

村山悟郎(オーストリア・ウィーン)は手仕事のボイエーシス(制作行為)とコンピューター・シミュレーションアルゴリズムを捉え直す作品。
Domani21stnact20190121_19s

<芥子の赤>を香りと写真でなぞった松原滋モロッコ・ラバスフェズ)。
Domani21stnact20190121_21s


観測装置としてのカメラで、太陽光の観察記録と暗闇の中で目覚めた男の夢物語の映像作品を発表した木村悟之(ドイツ・ケルンメディア大学およびデュッセルドルフ)。
Domani21stnact20190121_25s


志村信裕(フランス・パリ)の「伝統と現代」の二つの領域の「画期」に関心を向けたドキュメンタリー映像。
Domani21stnact20190121_30s


浮力と重力の均衡関係を作品化した白木麻子(ドイツ・ベルリン)。
Domani21stnact20190121_33s


川久保ジョイイギリス・ロンドン)は、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編作品を全文字を組替え、文字ベースの映像化した作品《迷宮の神》(2016年)を、今展では、それを背景を元にした映像作品とインスタレーションを出品。
Domani21stnact20190121_37s


偶然に目撃する出来事の出発点と到着点を映像化した加藤翼(アメリカ・シアトル)。
Domani21stnact20190121_40s


最後の展示室には、ゲスト作家の三瀬夏之介。全国各地にある郷土富士をコピーアンドペースト描画を繰り返した《日本の絵》(2005-06年)と、その作品から十年後、日本の自画像としての《日本の絵》を出品している。
Domani21stnact20190121_44s

未来を担う美術家たち 

21st DOMANI・明日展  

文化庁新進芸術家海外研修制度の成果

21st “DOMANI: The Art of Tomorrow” Exhibition

国立新美術館 企画展示室2E
東京都港区六本木7-22-2

2019年1月23日(水)~2019年3月3日(日)
10:00~18:00、毎週金曜日・土曜日は20:00まで
(入場は閉館の30分前まで)  

休館日 毎週火曜日  

一般 1,000円  大学生 500円
※20名以上の団体割引、障がい者手帳の持参者および高校生などの入場無料などの料金制度あり。 

主催 文化庁、国立新美術館

|

2019年1月 5日 (土)

Goya y Buñuel. Los sueños de la razón ゴヤとブニュエル:理性の眠り

Exposicion_goya_bunuel_museo_lazaro


 Gobierno de AragónとFundación Ibercajaが共催した展覧会Goya y Buñuel. Los sueños de la razónは、Museo Lázaro Galdiano(マドリッド)で、2017年12月から始まり、その後、Museo de Zaragozaに巡回し、昨年暮れに終了した。アラゴン出身の二人のクリエーター、画家のフランシスコ・デ・ゴヤと映画人のルイス・ブニュエルの選りすぐりの作品を集めた展覧会。

 アラゴン・ゴヤ財団とブニュエル・カランダセンターの協力を得て開催された同展は、Amparo MartínezとJosé Ignacio Calvoの二人によるキュレーション。

 ゴヤとブニュエルの各々が持つ創造性の巨大なポテンシャルに光をあて、彼らの藝術の可能性を探求する批評精神と好奇心の分析を行い、彼らが持つ独自の歴史的コンテクストを問うた展覧会となった。

 同展では、ゴヤの絵画、版画、ブニュエルの映画スチールやシークセンスのほかに、資料や書籍が紹介された。

展覧会カタログ
Linea_grafico_editorial_goyabunue_3


|

2018年12月 3日 (月)

世田谷美術館「アフリカ現代美術コレクションのすべて」ほか

 世田谷美術館の「アフリカ現代美術コレクションのすべて」。紹介されている9名は西アフリカ地域の出身で、美術や法律などの高等教育を受けているアーティストが多い。生誕年でいうと長老は、サカ・アクエ(ガーナ、1923-2007)、パスカル・マルチーヌ・タユ(カメルーン)が一番の若手で、1967年生まれとなる。コンパクトな展示で、アフリカの現代美術の一端が掴める。

 彫刻家で音楽活動も行ったサカ・アクエは、早くから世田谷美術館での展覧会(1989年)で紹介されている。彫刻家エル・アナツイ(ガーナ、1944-)は、2011年に神奈川県立近代美術館で日本で初の大規模な回顧展が開かれている。

 本展には、床屋の看板の展示もある。いずれも作家不詳なのだが、イラストでヘアースタイルが描かれていて、「Boeing 707」、「Ford Concord」などのようなスタイル画を見て、お客は「このヘアースタイルにしてくれ」と頼んでいたんでしょうかね。面白い。

   参考になるかどうかわかりませんが、アフリカの子どもたち(4歳から15歳まで)の絵が、カナガワビエンナーレ国際児童画展のサイト「子どもアートミュージアム」で観られますので、よかったらアクセスしてください。
http://www.earthplaza.jp/biennial/japanese/refarence-country/index.html

 アフリカ現代美術コレクション展示の後は、小コーナー展示として「追悼-保田春彦」が続く。生前、仕事で一度だけ電話で話しことがありますが、気さくな性格が電話の声からも伝わってきました。

「アフリカ現代美術」、「保田春彦」ともに、来年4月7日まで展示。

Setabiafricakiyokawag20181125_1s

Setabiafricakiyokawag20181125_2s


 場所を移動して、清川泰次記念ギャラリーに。来年3月17日まで開催中の「清川泰次 昭和の学生旅行」は、清川が愛用したライカで撮影した写真展。これが終わって次年度からは、絵画展となるそうだ。清川はアメリカ時代、岡田謙三と交流をもっている。

Setabiafricakiyokawag20181125_4s

|

より以前の記事一覧