展覧会/Exhibition

2018年2月 8日 (木)

José Guerrero: Intervalos Negros

Joseguerrerointervalosnegrosmuseobi
Intervalos negros, 1971
Óleo sobre lienzo, 180 x 278 cm
Colección Centro José Guerrero, Granada

José Guerrero: Intervalos Negros

1 de junio-18 de septiembre, 2016

Sala 32, Museo de Bellas Artes de Bilbao

Esta nueva convocatoria, la número cincuenta y tres del programa, trae a la sala 32 del museo una obra procedente de la Colección Centro José Guerrero, de Granada.Se trata de Intervalos negros, un óleo sobre lienzo de gran tamaño (180 x 278 cm) fechado en 1971 y característico de un breve periodo en el que Guerrero introdujo las cerillas como motivo protagonista de sus composiciones.

Tras unos estudios iniciales en la Escuela de Artes y Oficios de su ciudad natal, José Guerrero (Granada, 1914-Barcelona, 1991) emprendió la búsqueda de su identidad artística siguiendo sus inquietudes y marcado por el estrecho panorama cultural de la posguerra española. En 1940 se instaló en Madrid para asistir a la Escuela Superior de Bellas Artes de San Fernando, donde fue alumno del pintor Daniel Vázquez Díaz.

En 1945, al terminar su formación, marchó a París gracias a una beca de estudios concedida por el gobierno francés. Allí conoció de primera mano la vanguardia artística y la obra de Pablo Picasso, Joan Miró y Juan Gris. Tras este descubrimiento, verdaderamente revulsivo para su práctica creativa, realizó diversos viajes por Europa antes de instalarse definitivamente en 1950 en Nueva York, donde entró en contacto con los pintores del expresionismo abstracto norteamericano y del action painting, y comenzó a pintar sus primeros cuadros abstractos.

En 1954 el Solomon R. Guggenheim Museum compró una pintura suya que incluyó en una muestra dedicada a adquisiciones recientes junto con obras de Pollock, De Kooning, Motherwell, Kline o Matta, entre otros. También se relacionó con la colonia de intelectuales españoles en el exilio, como el poeta Jorge Guillén o los hermanos de García Lorca. De este modo, y ya con un lenguaje propio de formas y signos cercanos al arte gestual, Guerrero entró a formar parte de la escena artística internacional.

A mediados de la década de los sesenta se estableció durante tres años en España y se vinculó con los informalistas del grupo en torno al Museo de Arte Abstracto Español de Cuenca, inaugurado en 1966, el mismo año fundacional del Grupo Gaur de artistas vascos. Su pintura de este periodo se caracteriza por la yuxtaposición de planos de gran energía cromática. De vuelta en Nueva York en 1968 crea una serie de obras más sintéticas a las que siguió una época de plena madurez definida por formas como el óvalo o el arco entre planos de color.

A comienzos de los años ochenta su influencia en los medios artísticos se hizo notable y recibió numerosos reconocimientos a su trayectoria, lo que revitalizó su actividad y tuvo como resultado una obra final sólida y luminosa.

 

Intervalos negros, 1971

Tras su estancia en España vinculada a la génesis del Museo de Arte Abstracto Español de Cuenca, a finales de la década de los sesenta, Guerrero regresó a Nueva York e inició un periodo en su pintura que culminará en 1970 con la serie de cuadros llamada Fosforescencias, que expuso en dos galerías de la ciudad norteamericana y tuvo su continuación dos años más tarde en una carpeta de serigrafías con el mismo título editada, precisamente, por el museo de Cuenca.

El propio Guerrero contó en numerosas ocasiones el origen de la serie al observar una carterilla de fósforos planos unidos por una base de cartón durante un vuelo transoceánico entre Nueva York y Estocolmo, desde el que contempló asimismo la reverberación del azul del mar, que parece mostrar en un cuadro fechado en el mismo año titulado Intervalos azules.

El pretexto intrascendente de las cerillas sirvió al pintor para elaborar numerosas combinatorias a partir del juego con la escala, de la ordenación compositiva del elemento vagamente figurativo y de la tensión que se establecía entre éste y el fondo. Un código reducido que, sin embargo, Guerrero explotó en una serie breve, pero de especial intensidad creativa, a partir de la figura ordenadora del motivo. Produjo versiones que van desde la luminosidad de grandes superficies de color, aprendidas de Rothko, hasta la sobria reducción cromática de Intervalos negros.

Esta composición, señalada por un uso limitado y antagonista del color, adquiere el aspecto de un friso arquitectónico de carácter monumental por sus generosas dimensiones. Es, además, una obra representativa de Guerrero por el protagonismo rotundo del negro, color que desde sus inicios fue una constante en su pintura tal y como atestigua el título de una temprana exposición neoyorquina de 1958 titulada The Presence of Black.

El Museo de Bellas Artes de Bilbao adquirió en 1982 la pintura acrílica sobre lienzo Centro negro (170 x 141 cm),fechada en 1975 y, por tanto, cuatro años posterior a la que ahora presentamos como obra invitada. En el cuadro del museo la composición se ordena en planos y bandas horizontales de color, con un contundente centro negro en vertical que se apoya en una base del mismo color. Dos líneas negras atirantan la composición mientras que otros tantos trazos blancos y un elemento redondeado del mismo color equilibran el conjunto y aportan la luminosidad vibrante de la pintura geométrica de contornos imprecisos característica de la obra de José Guerrero.

*Página de web de Museo de Bellas Artes de Bilbao

|

2018年2月 5日 (月)

小林グレイ愛子の作品展とグアテマラ布コレクション展

 米国在住の手織タペストリ作家・小林グレイ愛子の作品展とグアテマラの布コレクション展が下記の会場で開催される。グアテマラのテキスタイルツアーを主宰している小林グレイ愛子は、グアテマラのウィピルなどの織物に造詣が深い。

織・小林愛子 展
会期:2018年2月21日(水)-2月26日(月)
時間:11:00-19:00 ※最終日17:00閉会
会場:ギャラリーおかりや
東京都中央区銀座4-3-5 B2 銀座AHビル/TEL:03-3535-5321

布が語るグアテマラの女性たち 布の展示&スライドトークショー
会期:2018年2月28日(水)
時間:14:30-16:30
会場:市民プラザあくろす3階 あくろすホール
東京都調布市国領町2-5-15
申込み・問合せ:調布市男女共同参画推進センター

グアテマラの布コレクション展〈布が語るメッセージⅥ〉手紡ぎの糸
会期:2018年3月2日(金)-3月7日(水)
時間:11:00-18:00 *最終日16:00閉会
会場:ギャラリー・イノウエハウス
東京都府中市美好町2-6-4/TEL:042-365-0443
関連イベント「スライドトーク」日時:3月3日(土)・4日(日)16:00-17:30

織り体験ワークショップ
会期:2018年3月17日(土)、18日(日)、24日(日)
時間:14:00-
会場:点と未来デザインラボラトリー
東京都調布市染地3-1 816 A-5
定員各回5名(申込み制、先着順)/参加費4,000円
申込み・問合せ:調布美術研究所

 展覧会とワークショップ申込み等の詳細については、小林グレイ愛子の母校である女子美術大学の同窓会サイトに掲載するそれぞれのリンクから。
女子美術大学同窓会(同窓生情報)サイト
https://www.joshibidosokai.net/?p=35251

|

2018年2月 4日 (日)

石内 都 肌理(きめ)と写真 Ishiuchi Miyako GRAIN AND IMAGE

Ishiuchimiyakokimetoshashin1

 横須賀ドブ板通りにある取り壊し寸前のキャバレーで、石内都の個展を初めて見たのは1981年だった。何点もの大判の作品が展示してあったことを記憶している。粒子が荒く、黒く浮かび上がる米軍戦艦は、横須賀の地ではならこその臨場感があった。

 横浜美術館では、国内8年ぶりとなる写真家・石内都の大規模な個展「石内 都 肌理(きめ)と写真」が3月4日まで開催されている。

 1947年群馬県桐生市で生まれた石内都は、6歳の時父親の仕事で横須賀へ移住。19歳で多摩美術大学デザイン科に入学した年、家族で横浜市金沢区に転居する。石内は、横浜から多摩美術大学に通う京浜急行の車窓から眺めていた横浜のアパートをそののち訪ね、初期三部作のひとつである≪Apartment≫(1977-78年)を発表する。ほかの二部作は≪絶唱・横須賀ストーリー≫≪連夜の街≫。

 展覧会は、「横浜 Yokohama」「絹 Silk」「無垢 Innocence」「遺されたもの Belongings」の4章で構成されている。初期三部作を成す≪絶唱・横須賀ストーリー≫は、今回の個展に組み込まれていない。それは、目黒区美術館(2008年)、J.ポール・ゲティ美術館(2015年)に開催された個展とは異なる流れを描きたいという石内の思いとともに、本展では、「横浜」を起点に描かれる石内自身の写真表現をするという理由からでもあった。≪絶唱・横須賀ストーリー≫は別展示として、横浜美術館の写真展示室において、同館が所蔵するヴィンテージプリント全55点が見ることができる。同展示室は、石内が撮影時に使用した地図や書籍などの貴重な資料(作家蔵)も展示している。

Ishiuchimiyakokimetoshashin2_2
「横浜 Yokohama」の展示より ≪Apartment 1977-78/84≫

Ishiuchimiyakokimetoshashin3
「横浜 Yokohama」の展示より ≪連夜の街≫

 デビュー前から横浜を撮影してきた石内は、横浜に暗室をかまえ、横浜市中区の平沼と山下町にあった同潤会アパート、高級アパート「互楽荘」、自宅近くの金沢八景、横浜の遊郭跡地の真金町や永楽町などを取材している。横浜で撮影された作品が「横浜 Yokohama」に並ぶ。荒い粒子の中に建物の過ぎ去った時間の痕跡が表出している。

 被爆した女性たちが纏っていた絹の衣服を撮影したことを機に、石内は2011年、生まれ故郷の群馬県桐生市に残された絹織物、銘仙を撮影する。横浜は、生糸貿易の輸出港として栄えた。桐生で作られた絹布や生糸はその横浜の港から海外へ輸出されていた。桐生は、日本の女性初の写真家、島隆を輩出している街でもある。「絹 Silk」は、絹をとりまく歴史を紐解く。

Ishiuchimiyakokimetoshashin4_3
「絹 Silk」の展示より

Ishiuchimiyakokimetoshashin5
「絹 Silk」の展示より

 1990年頃から約20年にわたり継続された傷跡シリーズの制作は、石内にとって生きることの根源的な意味を問い直す作業だった。その中から女性の傷跡だけを集めた「無垢 Innocence」。≪不知火の指≫は、小説「苦海浄土」の著者である石牟礼道子の手足を接写した写真だ。

Ishiuchimiyakokimetoshashin6
「無垢 Innocence」の展示より ≪不知火の指≫

Ishiuchimiyakokimetoshashin7
「無垢 Innocence」の展示より

 母の死と向き合うために撮影された≪Mother's≫、その≪Mother's≫をヴェネチア・ビエンナーレで見たフリーダ・カーロ博物館の学芸員の依頼を受けて撮影された≪フリーダ≫、そして今でも撮り続けている被爆者の遺品≪ひろしま≫は、持ち主の身体が消滅したあとも遺されているものたちだ。「遺されたもの Belongings」は、この三シリーズを集めている。

Ishiuchimiyakokimetoshashin8_2
「遺されたもの Belongings」の展示より ≪Mother's≫

Ishiuchimiyakokimetoshashin9
「遺されたもの Belongings」の展示より ≪ひろしま≫

Ishiuchimiyakokimetoshashin10
「遺されたもの Belongings」の展示より ≪フリーダ≫



石内都 肌理と写真
Ishiuchi Miyako GRAIN AND IMAGE

会期 開催中 2018年3月4日(日)まで
    10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
会場 横浜美術館
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
    電話045-221-0300
休館日 木曜日
料金 一般1500円 大高生900円 中学生600円 65歳以上1400円
※団体は有料20名以上(要事前予約)
※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳を所持者と介護者(1名)は無料
※観覧当日に限り「石内 都 肌理と写真」展の観覧券で「横浜美術館コレクション展」も観覧可
※その他の割引料金については別途問い合わせください。

展覧会公式サイト 
http://yokohama.art.museum/special/2017/ishiuchimiyako/

主催 横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
助成 芸術文化振興基金
制作助成 公益財団法人テルモ生命科学芸術財団
協賛 株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパン、株式会社資生堂

 横浜美術館美術情報センターでは、石内都の企画展に因んで女性アーティストに着目し、美術情報センター所蔵資料から、今年104歳の前衛書道家・篠田桃紅の作品集(英語版)をご紹介している。

特別資料展示『TOKO SHINODA(篠田桃紅)』より
会期 開催中 2018年3月20日(火)まで         
開催時間 10:00-18:00(最終入場17時30分)
休室日 毎週木曜日
会場 横浜美術館美術情報センター
入場料 無料

|

ミホミュージアムの展覧会予定

 ミホミュージアム(滋賀県甲賀市)は、この春に「猿楽と面 ―大和・近江および白山の周辺から―」(2018年3月10日 - 6月3日)、夏に「赤と青のひ・み・つ ー大人もこどもも遊んでみよう!色いろイロの世界(仮称)」(2018年6月30日 - 8月26日)を開催する。秋は下記の二つの展覧会が予定されている。

アメリカ古代文明
ー超自然へのまなざしー(仮称)
2018年9月8日 - 10月8日
Mihomuseum_andes

近代の茶杓百選
―数寄者の手すさびとその交流―(仮称)
2018年10月20日 - 12月2日
Mihomuseum_chashaku

ミホミュージアム(3月9日まで休館中)
滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
電話0748-82-3411
ホームページ http://www.miho.or.jp/

|

2018年1月26日 (金)

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル Leandro Erlich Seeing and Believing

Leandroerlichsign

ワーッ、バルコニーから人が落ちそうだ!
美容院の鏡に映る私は何か違っている!
古ぼけた教室の椅子に座っている亡霊のような自分がいる!

あなたの見ているものを信じられますか。
ちょっとドキドキしながら楽しめる現代アートの展覧会が、東京・六本木の森美術館で開催中。

 アルゼンチン出身の現代アーティスト、レアンドロ・エルリッヒの過去最大の個展となる「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」は、エルリッヒの四半世紀にわたる活動の全容に迫る。日本では、金沢20世紀美術館に恒久設置された≪スイミング・プール≫で知られている作家。ほかの常設作品には、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]の≪トンネル≫、女木島の≪二重の茶室≫がある。本展では、新作を含む40点を超える作品を展示、その8割が日本初公開。

Leandroerlichtheswimmingpool_model
レアンドロ・エルリッヒ 
≪スイミング・プール[模型]≫
1999
作家蔵

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

会期 開催中- 2018年4月1日(日) 会期中無休
開館時間 10:00~22:00(最終入館 21:30)
       ※火曜日のみ、17:00まで(最終入館 16:30)
会場 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
    東京都港区六本木6-10-1
    美術館ホームページ https://www.mori.art.museum
料金 一般1,800円 学生(高校・大学生)1,200円 子供(4歳-中学生)600円
    シニア(65歳以上)1,500円
    ※割引制度あり。詳しくは美術館ホームページまで。

問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催 森美術館
後援 アルゼンチン共和国大使館
協賛 株式会社大林組、トヨタ自動車株式会社、株式会社コーエーテクモホールディングス、
    TRUNK(HOTEL)

Photo
レアンドロ・エルリッヒ
《建物》
2004/2017年
撮影:長谷川健太
写真提供:森美術館
Courtesy: Galleria Continua


Photo_2
レアンドロ・エルリッヒ
《失われた庭》
2009年
撮影:長谷川健太
写真提供:森美術館
Courtesy: Art Front Gallery and Ruth Benzacar Galeria de Arte

Photo_3
レアンドロ・エルリッヒ
《雲》
2016年
撮影:長谷川健太
写真提供:森美術館

2
レアンドロ・エルリッヒ
《教室》
2017年
撮影:長谷川健太
写真提供:森美術館

1
レアンドロ・エルリッヒ
《美容院》
2008/2017年
撮影:御厨慎一郎
写真提供:森美術館

|

2018年1月21日 (日)

没後40年 熊谷守一 生きるよろこび Kumagai Morikazu: The Joy of Life

Img_1971

 警戒心もなく体をべったりさせて昼寝をしている猫の姿を描いた≪猫≫は、熊谷守一(1880-1977)が85歳の時の作品。柔らかく親しみやすい線と色で描かれている。根強い人気がある熊谷守一の大回顧展が、東京国立近代美術館(東京・竹橋)で、3月21日まで開催されている。

13_4
熊谷守一 1971年 (91歳) 撮影:日本経済新聞社

 「飄々としたおじいさん」として知られている熊谷守一だが、「1章 闇の守一:1900-10年代」「2章 守一を探す守一:1920-50年代」「3章 守一になった守一:1950-70年代」の三部構成から彼の実像に迫る。

没後40年 熊谷守一 生きるよろこび 

会期 開催中 - 2018年3月21日(水・祝)
    10:00−17:00(金、土曜日は20:00まで、入館は閉館30分前まで)

休館日 月曜日(ただし 2月12日は開館)、2月13日(火)

会場 東京国立近代美術館
    (東京都千代田区北の丸公園3-1)
    展覧会特設サイト http://kumagai2017.exhn.jp/

観覧料 一般1,400円(1,000円) 大学・専門学校生900円(600円) 高校生400円(200円)
*( )内は団体料金。団体料金は20名以上。
*中学生以下、障がい者手帳等の所持者と付添者(1名)は無料。

主催 東京国立近代美術館、日本経済新聞社、テレビ東京
協賛 大日本印刷
出品協力 愛知県美術館、岐阜県美術館、熊谷守一つけち記念館、天童市美術館、
       豊島区立熊谷守一美術館
特別協力 柳ケ瀬画廊
問合わせ ハローダイヤル Tel. 03-5777-8600

10_2
熊谷守一 《蠟燭(ローソク)》 1909年 岐阜県美術館

7
熊谷守一 《某夫人像》 1918年 豊島区立熊谷守一美術館

2
熊谷守一 《稚魚》 1958年 天童市美術館

1_2
熊谷守一 《猫》 1965年 愛知県美術館 木村定三コレクション

4
熊谷守一 《朝の日輪》 1955年 愛知県美術館 木村定三コレクション

Kumagaimorikazucatalog

熊谷守一展 図録
210㎜×168㎜、B5変形、376ページ
2500円(税込)
 東京国立近代美術館企画課長の蔵屋美香氏が、熊谷守一の色彩を切り口にしたエッセイ「いろいろな熊谷守一」を執筆。他に海外作品の影響など守一作品に隠されたさまざまな謎にせまるコラム「守一の謎」5本を収録。

|

2017年12月16日 (土)

THE ドラえもん展 TOKYO 2017 

Doraemon1_2

 「あなたのドラえもんをつくってください。」の呼びかけで、国内外で活躍する28組のアーティストたちが、「あなたのドラえもん」を制作しました。
 藤子・F・不二雄の『ドラえもん』が、学年誌で連載し始めたのは1970年でした。『ドラえもん』とともに子ども時代を過ごしたアーティストたちを含めた28組による「ドラえもん」が会場いっぱいに溢れかえっています。

THE ドラえもん展 TOKYO 2017

会期 2017年11月1日(水)-2018年1月8日(月・祝)
     ※会期中無休
    10:00-20:00 
     ※12月26日(火)のみ17時閉館
     ※入館は閉館の30分前まで

会場 森アーツセンターギャラリー
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階

展覧会ホームページ http://thedoraemontentokyo2017.jp

観覧料 一般1,800円/中学生・高校生1,400円/4歳-小学生800円
            ※3歳以下入場無料
      ※団体料金は15名以上で適用。添乗員・引率者は1名まで無料
      ※障がい者手帳をお持ちの方と介助者(1名まで)は、当日料金の半額

主催 テレビ朝日、朝日新聞社、ADK、小学館、シンエイ動画
    小学館集英社プロダクション、乃村工藝社、森アーツセンター

特別協力 藤子プロ・創立30周年記念事業
協賛 ユニクロ、ミルクランド北海道、KDDI、ショウワノート、セイコーウオッチ
    大日本印刷、Tチケット

問い合わせ ハローダイヤル03-5777-8600(8:00~22:00)

Doraemon2
村上 隆の「ドラえもん」

Doraemon3
町田久美の「ドラえもん」

Doraemon4
蜷川実花の「ドラえもん」

参加アーティスト
会田 誠/梅 佳代/小谷元彦/クワクボリョウタ/鴻池朋子/後藤映則/近藤智美
坂本友由/佐藤雅晴/シシヤマザキ/篠原 愛/しりあがり寿/中里勇太/奈良美智
西尾康之/蜷川実花/福田美蘭/増田セバスチャン/町田久美/Mr./村上 隆
森村泰昌+コイケジュンコ/山口 晃/山口英紀+伊藤 航/山本竜基/れなれな/渡邊 希

|

2017年12月13日 (水)

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 Van Gogh & Japan

Vangoshjapan2017tobikan_2

 浮世絵や日本に関する文献を集めて、日本に高い関心を寄せていたフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、日本の地を踏むことはありませんでしたが、ゴッホは、南フランスを日本そのものだと思い、アルルで制作活動を行いました。

 東京都美術館(東京・上野)では、明年1月8日まで、「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」が開催されています。本展覧会は、日本初となる、オランダのファン・ゴッホ美術館との国際共同プロジェクトです。日本展終了後にファン・ゴッホ美術館でも開催されます。

S
フィンセント・ファン・ゴッホ≪画家としての自画像≫ 1887/88年
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)



ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
Van Gogh & Japan 

会期 2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)

会場 東京都美術館

休室日 月曜日、12月31日(日)、1月1日(月・祝)
      ※ただし、1月8日(月・祝)は開室

開室時間 9:30-17:30(入室は閉室の30分前まで)

夜間開室 金曜日 9:30-20:00(入室は閉室の30分前まで)

観覧料 一般1,600円 大学生・専門学校生1,300円
      高校生800円 65歳以上1,000円 シルバーデーあり
20名以上の団体割引あり/中学生以下は無料/身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳の所持者とその付添者(1名まで)は無料
※ほかにも割引制度あり、詳細は特設WEBサイトまで

特設WEBサイト http://gogh-japan.jp

主催 東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、NHK、NHKプロモーション
後援 外務省、オランダ王国大使館
協賛 損保ジャパン日本興亜
協力 KLMオランダ航空、日本航空
共同企画 ファン・ゴッホ美術館

 オランダのアントウェルペンからパリに来たゴッホが出会った重要なものは、「印象派」と「浮世絵版画」でした。展覧会の「第1章 パリ 浮世絵との出逢い」を飾る作品はゴッホの≪花魁(溪斎英泉による)≫です。この作品は、『パリ・イリュストレ』誌の日本特集号(1886年5月)の表紙に印刷された花魁像を拡大模写したものです。『パリ・イリュストレ』誌の表紙の図版は、溪斎英泉が実際に描いたものと左右が逆になっています。カフェの女主人を描いた≪カフェ・ル・タンブランのアゴスティーナ・セガトーリ≫の壁面には浮世絵が描かれています。このカフェでゴッホは1887年に浮世絵展を開いています。

1s_2
フィンセン・ファン・ゴッホ≪花魁(溪斎英泉による≫1887年 
ファン・ゴッホ美術館 (フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam  (Vincent van Gogh Foundation)

5s
フィンセント・ファン・ゴッホ 《カフェ・ル・タンブランのアゴスティーナ・セガトーリ》1887年
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)



 ゴッホは、1882年2月に南フランスのアルルに向かいます。陽光と色彩にあふれるアルルと、しばしば「日本のイメージ」と重ね合わせています。「第2章 アルル 日本の夢」では、歌川広重の雪景色の想を得て描いたのではないかと思われる≪雪景色≫(日本初公開)が出品されています。

8s_2
フィンセント・ファン・ゴッホ 《雪景色》1888年
個人蔵 ©Roy Fox

 「第3章 深まるジャポニスム」の≪寝室≫は、陰影をなくし、浮世絵のように平坦に描かれています。アルルでの数か月の生活は、ゴッホ自身の眼を「日本人の眼」に変えました。

7_s_2
フィンセント・ファン・ゴッホ《寝室》1888年
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

 精神の病を患ったゴッホは、自ら精神病療養所に移る決心をしました。日本への熱狂と称賛は影をひそめつつありましたが、「療養所の広大な庭園で、数々のモティーフに取り組みました。「第4章 自然の中へ 遠ざかる日本の夢」では、浮世絵の花鳥画を思わせるようなクローズアップの視点から描いた油彩画を紹介しています。

13s
フィンセント・ファン・ゴッホ 《蝶とけし》1889年
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

 ファン・ゴッホは、1890年7月29日に、パリの北西の小さな町オヴェール=シェル=オワーズで終焉を迎えました。ゴッホの死から約20年が経った頃、小説家の武者小路実篤、画家の斎藤與里や岸田劉生、美術史家の児島喜久雄などの「白樺派」及びその周辺の文学者や美術家たちが、日本にゴッホを紹介し始めました。そして、大正から昭和初期にかけて、多くの日本人が、ゴッホの作品と足跡が残るオヴェールを訪れることになりました。「第5章 日本人のファン・ゴッホ巡礼」では、ゴッホの最後を看取った医師ポール・フェルディナン・ガシェの家に残された3冊の芳名録を展示しています。その芳名録には、里見勝蔵、前田寛治、佐伯祐三、斎藤茂吉、橋本関雪など、数多くの名前が記されています。同章には、前田寛治の≪ゴッホの墓≫、佐伯祐三の≪オーヴェールの教会≫などの作品も出品されています。

17
『芳名録Ⅰ:初編』表紙1922年3月9日~12月17日署名分
国立ギメ東洋美術館蔵
Photo © RMN-Grand Palais (Musée Guimet, Paris) /Thierry Ollivier / distributed by AMF-DNPartcom

18s
佐伯祐三《オーヴェールの教会》1924年
鳥取県立博物館蔵

19s
前田寛治《ゴッホの墓》1923年
個人蔵

京都巡回展
会期 2018年1月20日(土)-3月4日(日)
会場 京都国立近代美術館

|

2017年12月 8日 (金)

新海誠展 国立新美術館(東京・六本木)終了間近 18日まで Exhibition of Shinkai Makoto

Shinkai_makoto_sign201711

新海誠展
「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

会期 2017年11月11日(土)-12月18日(月)
    休館日:毎週火曜日

会場 国立新美術館 企画展示室 2E
    東京都港区六本木7-22-2

開催時間 10:00-18:00 (毎週金曜日・土曜日は20:00まで)
       ※入場は閉館の30分前まで

展覧会ホームページ http://shinkaimakoto-ten.com/

 現在まで新海作品を支え続けている美術チームが誕生するキッカケとなった作品≪雲のむこう、約束の場所≫。「第2章:雲のむこう、約束の場所」では、広がる風景、どこまでも続く美しい空や豊かな表情をみせる雲の数々を、美術背景と完成映像で堪能できます。作中に登場する美しい小型飛行機ヴェラシーラも1/4スケールモデルが再現されています。

Shinkai_makoto_kumonomukouni201711

 3つの短編からなる『秒速5センチメートル』。何気ない日常の風景を叙情豊かな特別な場所にかえる新海マジックを、ロケハン写真と美術背景と完成場面カットで比較紹介。新海作品の代名詞ともいえる、美しい風景がどのように描かれているのかその制作工程を、「第3章:秒速5センチメートル」で明らかにされます。

Shinkai_makoto_byousoku5m201711

 本格ジュブナイルファンタジーに挑戦した「第4章:星を追う子ども」。これまで静的だったキャラクターたちが懸命に走り、人間の生と死に真正面から取り組んだ本作は、新海監督の転機ともなった作品です。異世界の世界観構築のために書かれたたくさんの手描きのイメージボードや、コンセプトボードには、日本の伝統的なアニメーションの作り方に挑戦するという真摯な思いがあふれています。

Shinkai_makoto_hoshiooukodomo201711

 ≪言の葉の庭≫は、靴職人をめざす高校生タカオと年上女性ユキノとの孤恋(こい)物語。劇中の8割がた雨が降っており、雨が第三の主役と言っていいくらいに多彩な表情を見せています。「第5章:言の葉の庭」では、これまでにない官能性あふれるユキノの謎めいた美しさとともに「脚」の美しさが注目されています。

Shinkai_makoto_kotonohanoniwa201711

 展示会場の4分の1近くを占める「第6章:君の名」では、感動作の制作舞台裏を余すことなく紹介します。作画資料、立体模型、メイキング映像などをふんだんに使って最新のデジタルアニメ―ション技法も、わかりやすく解説しています。

Shinkai_makoto_kiminonawa201711_2

|

2017年12月 4日 (月)

100 Años de J.J. Yas en Guatemala

 約140年前のグアテマラで写真家として活動した屋須弘平の没後100年にあたる今年、グアテマラのMuseo Nacional de Arte Moderno"Carlos Mérida"で、来年1月28日まで開催されています。2005年と2016年に横浜で、屋須弘平展を開催しました。

100_an_os_de_j_j_yas_cirma_3


横浜での展覧会
2005年
http://galerialibro-art.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-7ccd.html

2016年
http://galerialibro-art.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/140-c715.html

CIRMA
Juan José de Jesús Yas (Kohei Yasu) fue uno de los primeros inmigrantes japoneses en Centroamérica. Reconocido fotógrafo de la época, su obra es un legado notable para la historia de la fotografía en el país. Sus imágenes de la arquitectura de La Antigua Guatemala muestran el estado de los edificios coloniales en esta ciudad antes de los terremotos de 1917 y 1918. Asimismo, retrata personajes de esta ciudad, imaginería religiosa y momentos importantes de su vida en Guatemala. Estas fotografías constituyen el Archivo del Estudio “Fotografía Japonesa” que se preserva en la Fototeca Guatemala de CIRMA y en los últimos años han pasado a formar parte de la memoria colectiva de la sociedad guatemalteca.

La exposición “100 años de J. J. Yas” organizada por CIRMA es un homenaje póstumo al cumplirse cien años de su fallecimiento. En esta ocasión se suman al homenaje el Museo Nacional de Arte Moderno “Carlos Mérida” y el Aporte para la Descentralización Cultural (ADESCA), instituciones con quienes nos hermana la misión de velar por la difusión del arte y la cultura guatemalteca.

|

より以前の記事一覧