« ゴンサロ・ピニージャ Gonzalo Pinilla | トップページ

2019年5月13日 (月)

久保貞次郎編 北川民次指導メキシコ児童画集

Kitagawatamijijidougashuu    

 北川民次(1894-1989)の没後30年にあたる今年、作家の所縁の地など展覧会が開催される。北川と交流があった久保貞次郎の出身地・栃木県にある久保記念観光文化交流館では今月から、北川のアトリエがある愛知県の瀬戸市美術館では、来月6月から、それぞれ没後30年の関連展覧会が開かれる。 

 久保貞次郎が編んだ「北川民次指導メキシコ児童画集」(1978年、現代美術社)には、メキシコにいる北川から、メキシコの子どもたちの絵が届けられるいきさつとともに、子どもたちの作品が収められている。 

 ラテンアメリカ周遊(1931-1933)してい藤田嗣治は、メキシコで北川からメキシコの子どもたちの絵や版画を預かり、藤田の帰国後、東京日本橋にあった白木屋で、「北川民次指導メキシコ児童画展」が1936年に開くことができた。久保貞次郎は、画家暎九からこのことを聞きつけ、連れ立って見に行ったという。 

久保貞次郎編 北川民次指導メキシコ児童画集 
現代美術社 1978年刊 

|

« ゴンサロ・ピニージャ Gonzalo Pinilla | トップページ

アートの紙魚/Art Topic」カテゴリの記事