« アントニエタ・リバス | トップページ | 久保貞次郎編 北川民次指導メキシコ児童画集 »

2019年4月28日 (日)

ゴンサロ・ピニージャ Gonzalo Pinilla

 神奈川県民ホールギャラリー(展示室1)で、6月に開催するコロンビアとアルゼンチンの三人のアーティストたちの一人、ゴンサロ・ピニージャ(Gonzalo Pinilla)は、1971年コロンビア生まれ。コロンビア国立大学版画・絵画課程を1995年に修了したのち、イタリアのフィレンツェ美術アカデミーで版画・壁画を学びました。コロンビア国内の大学等で版画の指導をしたのち、米国のアイオワ大学大学院に進み、版画修士課程を修了しました。現在、同大学で版画制作の指導にあたっています。 個展は、コロンビア、チェコ、米国などで開催。日本での初個展は2006年に横浜と東京で開催しました。

 2006年8月に横浜の神奈川県民ホールギャラリーで、「ラテンアメリカ美術 コロンビア作家の絵画・版画 ゴンサロ・ピニージャ展」を開催した当時の展覧会案内状に、ラテンアメリカ美術研究者の加藤薫氏は、ゴンサロ・ピニージャについて次のように書いています。

「コロンビアの出身の20世紀現代美術作家ではフェルナンド・ボテロの知名度が圧倒的に高いが、最近はボテロの呪縛から解放され、世代交代を感じさせる若くて才能ある人材が輩出している。絵画や版画といった平面作品をてがけるゴンサロ・ピニージャもその一人である。

 イタリア留学で確かなものしたメチエをベースに人間の優しさの背後に潜む獣性、消費される対象としての動植物が人間の生み出したモノを消費する倒錯、権勢の強さと裏腹の不安や脆弱さ、といった現実世界の多重性を暴き出している。

やみくもに先端技術を追うのではなく、人間と社会や動植物との共生という古くて根源的な課題に地道に取り組んできた。

現代美術批評の世界ではアヴァンギャルドの最先端が何処にあるかを競って論ずる時代はとっくに終わった。代わって、美術作家個人のモダニティー理解のレベルと、そのモダニティー理解がどのように巧みに作品に表象されているかが論じられるべき時代になっている。ピニージャの作品は、この新しい美術評論の言説に十分耐えうるものである。日本での作品公開が待ち遠しい」。

※6月に開催する展覧会の作家たちを何回かにわけて紹介します。

 

断片化されたメタファーと修復

イサベル・バルブッサ、パトリシア・レオン、ゴンサロ・ピニージャ三人展

会期 617日(月)-23日(日)

会場 神奈川県民ホールギャラリー展示室1

   横浜市中区山下町3-1

   みなとみらい線日本大通り駅3番出口より徒歩約8

   ※JR根岸線・市営地下鉄関内駅からは徒歩約15

   アクセス https://www.kanagawa-kenminhall.com/access

時間 10:0018:00

   ※17日(月)は13時から/23日(日)は15時で終了

作品リスト(一部)

ダウンロード - 3personas.pdf

同時期に、Akira-Isao Galleryで、パトリシア・レオンとゴンサロ・ピニージャの二人展を開催します。
Akira-Isao Galleryは神奈川県民ホールギャラリーから至近距離にあります。会期は、6月19日から28日までです。

 

 

 

 

|

« アントニエタ・リバス | トップページ | 久保貞次郎編 北川民次指導メキシコ児童画集 »

展覧会/Exhibition」カテゴリの記事