« 小西真奈展 新・北斎展 | トップページ | 断片化されたメタファーと修復 イサベル・バルブッサ、パトリシア・レオン、ゴンサロ・ピニージャ三人展 Fragmented Metaphors/Reparation Isabel Barbuzza-Patricia León-Gonzalo Pinilla »

2019年3月21日 (木)

インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 Impossible Architecture Another History of Architecture

Impossiblearchitecture_saitamakinbi20190
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史
Impossible Architecture Another History of Architecture
埼玉県立近代美術館 3月24日まで

10:00 17:30 (入場は17:00まで)

観覧料 一般1200円他

主催 埼玉県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会

Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902

制作:野口直人建築設計事務所

第三インターナショナル記念塔 ウラジミール・タトリン

模型(1:500)2019年


塔の高さ400メートルにおよぶ世界一高い構造物となるタトリンの《第三インターナショナル記念塔》は、ロシア革命およびロシアアヴァンギャルドの象徴的プロジェクトだった。しかしながら、内戦状態が続くソ連では、経済的にも技術的にも実現することなく終わった。建畠晢、埼玉県立近代美術館館長は、未完に終わったタトリンの《第三インターナショナル記念塔》を起点に置いた建築展を10年ほど前から構想に描いていた。

展覧会タイトルの「インポッシブル・アーキテクチャー」は決して、建てるのが不可能で実現できなかった建築を単に紹介することでなく、建築の不可能性に焦点をあてることによって、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がってくる。

本展の構想が明瞭になったきっかけは、ザハ・ハディッド・アーキテクツ+設計JVによる設計がコンペに当選した東京オリンピックのメーン会場となる新国立競技場のプランが2015年に白紙となるニュースを聞いてのことだったと建畠館長は述べている。

本展会場の最後には、この幻に終わった新国立競技場のパースや膨大な設計資料を展示している。


Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902_1

制作:諏佐遙也(ZOUZOU MODEL)

ウクライナ劇場国際設計競技応募案 川喜田煉七郎

模型(1:300) 2018年

Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902_2

東京計画1961-Helix計画 黒川紀章

模型


Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902_3

展示風景


Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902_4

展示風景


Impossiblearchitecturesaitamakinbi201902_5

問われているプロセス/天命反転の橋 荒川修作+マドリン・ギンズ

1973-1989


|

« 小西真奈展 新・北斎展 | トップページ | 断片化されたメタファーと修復 イサベル・バルブッサ、パトリシア・レオン、ゴンサロ・ピニージャ三人展 Fragmented Metaphors/Reparation Isabel Barbuzza-Patricia León-Gonzalo Pinilla »

展覧会/Exhibition」カテゴリの記事