« イサム・ノグチと長谷川三郎-変わるものと変わらざるもの Changing and Unchahing Things: Noguchi and Hasegawa in Postwar Japan | トップページ | 小西真奈展 新・北斎展 »

2019年2月24日 (日)

Carlos Mérida Retrato escrito (1891-1984)  カルロス・メリダ 描かれた自画像

Carlos Mérida
Retrato escrito (1891-1984)
カルロス・メリダ
描かれた自画像

Museo Nacional de Arte (メキシコ)
15 de Nov 2018 - 17 de Mar 2019

52519431_641118632987988_4165631816

 カルロス・メリダ(グアテマラ、1891-1984)が、メキシコにおいて活動し始めてから100年を記念する回顧展。メキシコ滞在開始から1984年に死去するまでのメリダの生きざま、制作過程、そして美術的親和性を巡る。

 ラテンアメリカのモダニストの先駆者カルロス・メリダは、1908年から1914年まで、パリで学び、ピカソ、モディリアーニなど、エコール・ド・パリの画家たち親交を重ねた。

 メキシコ壁画運動が始まる7年前に、メリダはインディヘナ芸術運動を始める。ディエゴ・リベラの初の壁画作品制作を手伝うが、芸術的方向性が近いルフィーノ・タマヨに傾倒していく。そして、メリダは、タマヨのように、大画面の絵画よりもイーゼル絵画を好んだ。タマヨとメリダ二人は、ヨーロッパのモダニズムと、アメリカス特有の形態や主題と融合させることを望んでいた。

 メリダの絵画様式は、三つの時代に大きく分けられる。1907年から1926年までの具象時代、1920年代後半から1940年代後半までのシュルレアリスム時代、そして1950年から1984年に没するまでの幾何学時代である。

|

« イサム・ノグチと長谷川三郎-変わるものと変わらざるもの Changing and Unchahing Things: Noguchi and Hasegawa in Postwar Japan | トップページ | 小西真奈展 新・北斎展 »

展覧会/Exhibition」カテゴリの記事