« 駒井哲郎-煌めく紙上の宇宙  Tetsuro Komai: A Pioneer of Modern Japanese Copperplate Prints | トップページ | 世田谷美術館「アフリカ現代美術コレクションのすべて」ほか »

2018年11月25日 (日)

生誕110年 東山魁夷展 Higashiyama Kaii Retrospective 1908-1999

Higashiyamakaii_kokuritsushinm20181

 

生誕110年 東山魁夷展
Higashiyama Kaii  Retrospective 1908-1999

会期 2018年10月24日(水)-12月3日(月)
    毎週火曜日休館
会場 国立新美術館 企画展示室2E
         東京都港区六本木7-22-2
開館時間 10:00-18:00
※毎週金・土曜日は 20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
観覧料 一般1600円 大学生1200円 高校生800円
※中学生以下無料
※他に、団体割引、障がい者無料などの料金制度あり
問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

主 催 国立新美術館、日本経済新聞社、テレビ東京、BSテレビ東京
特別協賛 大和証券グループ

Higashiyamakaii_kokuritsushinm201_2

Higashiyamakaii_kokuritsushinm201_4
左から、自然と形象 秋の山(1941年)、自然と形象 雪の谷間(1941年)

 もう一作の《早春の麦畑》(1941年)と合わせて三部作からなる《自然と形象》は、季節の異なる甲州地方を描いています。柔らかに鑑賞者の目に映じる風景を描いた東山魁夷は、1908年(明治41)に横浜で生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で日本画を学びました。魁夷の生誕110年を記念し、国立新美術館で、本画68点、習作とスケッチ45点を紹介する展覧会が、12月3日まで開催中。

 終戦前後に、父親、母親、弟を次々と亡くしながらも、魁夷は、「終戦直前、死を覚悟した時に見た平凡な風景が生命に満ち溢れて輝き、何よりも美しく感じた体験」をします。

Higashiyamakaii_kokuritsushinm20181
残照(1947年)

Higashiyamakaii_kokuritsushinm201_2
左から、郷愁(1948年)、月宵(1948年)

Higashiyamakaii_kokuritsushinm201_4
道(1950年)

 川端康成から急速に失われていく京都の姿を描き止めるように勧められた魁夷は、「京洛四季」シリーズを残しています。下記は京洛四季のスケッチ。

Higashiyamakaii_kokuritsushinm20181

 東京美術学校卒業後の約二年間(1933-1935年)魁夷は、ドイツに留学しています。魁夷は、京都連作の展覧会の翌年、かつて留学していた懐かしいドイツ、そしてオーストリアに向かい、堅牢な石造りの建物や街並みを描いています。

Higashiyamakaii_kokuritsushinm201_2
晩鐘(1971年)

Higashiyamakaii_kokuritsushinm201_3
窓(1971年)

 1971年に、奈良の唐招提寺から、魁夷は障壁画の制作を受けます。1975年と1980年の二期に分けて、唐招提寺に作品を奉納しました。

Higashiyamakaii_kokuritsushinm201_4

Higashiyamakaii_kokuritsushinm201_5

 特定の地から離れた「心を写す風景画」の作品群の展示で終わります。

Higashiyamakaii_kokuritsushinm201_7


ミュージアムショップ
Higashiyamakaii_kokuritsushinm201_8

|

« 駒井哲郎-煌めく紙上の宇宙  Tetsuro Komai: A Pioneer of Modern Japanese Copperplate Prints | トップページ | 世田谷美術館「アフリカ現代美術コレクションのすべて」ほか »

展覧会/Exhibition」カテゴリの記事