« 光は見えるか 上條陽子とパレスチナの子どもたち | トップページ | 開館35周年記念展 ディエゴ・リベラの時代 Diego Rivera and his contemporaries »

2017年7月24日 (月)

Picasso and Rivera: Conversations Across Time ピカソとリベラ 時を超えた会話

Picassorivera_lacma_2


Picasso and Rivera: Conversations Across Time

4 December, 2016-7 May, 2017
Los Angeles County Museum of Art (LACMA)
5905 Wilshire Blvd., Los Angeles CA 90036, USA

 同時代の画家パブロ・ピカソとディエゴ・リベラはかつてはライバル同士でした。ともに野心的で、画家として多作家で、国際的に名高く、そして並外れた個性でよく知られています。

 「ピカソとリベラ 時を超えた会話」展は、ヨーロッパとラテンアメリカ双方においてモダニズムが形成されるなかで交差した瞬間を紹介するとともに、20世紀巨匠のピカソとリベラが、古代地中海世界とコロンブス以前の世界にいかにして関わりをもったかを探ります。

 本展は、二人が受けた似通う学校教育から始まり、共通するキュービズムへの傾注、1920年代から1950年代までの古代回帰まで、画家二人の軌跡を見比べます。

 絵画、エッチング、水彩画の150点を、ピカソとリベラとの対話の中に、またメキシコの古代彫刻とイベリアの古代彫刻との対話する中に展示する「ピカソとリベラ 時間を超えた会話」展では、ピカソとリベラの作品がいかにして古代美術の形態、神話、構造から深い影響を受けたかを中心に、ピカソとリベラの創作活動を知ることができます。

エル・パイス誌の展評
「picasso_contra_rivera__pelea_de_gallos_en_el_arte_moderno_cultura__el_pas.pdf」

|

« 光は見えるか 上條陽子とパレスチナの子どもたち | トップページ | 開館35周年記念展 ディエゴ・リベラの時代 Diego Rivera and his contemporaries »

展覧会/Exhibition」カテゴリの記事