« 特別展 茶の湯 Chanoyu-The Art of Tea Ceremony, The Essence of Japan | トップページ | Adiós Utopia: Dreams and Deceptions in Cuban Art Since 1950 »

2017年5月13日 (土)

詩情の森-語りかたられる空間 THE POETRY

 KAAT神奈川芸術劇場(横浜市中区)は、数年前から、リハーサル室、ホワイエ、劇場内の小さな部屋を使って、美術作品の展示活動を行ってきた。『突然ミュージアム』と称されるこの展示活動をより発展させた«KAAT EXH|IBITION»が本年度から始まっている。本来美術空間に展示される作品を、敢えて劇場空間に持ち込み、作品世界の広がりを追及する試みだ。

 ≪KAAT EXHIBITION≫の第一弾として開催されている『詩情の森-語りかたられる空間』は、角文平(彫刻)、金子富之(日本画)、田中望(日本画)、藤堂(彫刻)、長沢明(日本画)、三瀬夏之介(日本画)の6人の作家たちが、これまでの活動の枠組みを超えた実験的なアプローチを試みている。

 本展に合わせて開催される「オープンシアター2017」は、彫刻、映画、写真、漆芸の現代美術作家と作品が劇場のあらゆる場所に出現し、劇場といかに関係するかという実験が試みられる。(イベントの詳細は下記の特設ウェブサイトまで)

詩情の森-語りかたられる空間
角文平 金子富之 田中望 藤堂 長沢明 三瀬夏之介

会場 KAAT神奈川芸術劇場 3F中スタジオ
    神奈川県横浜市中区山下町281
    ℡ 045-633-6500(代表)

会期 2017年4月30(日)-5月28(日) 会期中無休
    10:00-18:00(入場は閉場の30分前まで)

入場料 一般600円 学生・65歳以上500円 高校生以下無料
※障害者手帳所持者と付き添い1名は無料
※10名以上の団体は100円引き

特設ウェブサイト http://kaat-seasons.com/exhibition2017/

主催 KAAT神奈川芸術劇場
支援 平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
助成 一般財団法人地域創造
後援 神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
協力 ART FRONT GALLERY、IMURA ART GALLERY、MIZUMA ART GALLERY
    多摩美術大学、東北芸術工科大学、NHK横浜放送局

Thepoetry20170429_1s

Thepoetry20170429_2s

|

« 特別展 茶の湯 Chanoyu-The Art of Tea Ceremony, The Essence of Japan | トップページ | Adiós Utopia: Dreams and Deceptions in Cuban Art Since 1950 »

展覧会/Exhibition」カテゴリの記事