« Juan Marsé: Historia de Detectives | トップページ | トーク「戦争と美術」 »

2010年5月31日 (月)

「微笑を浮かべて」 『ライフ』報道写真家が捉えた戦争と終戦 ~キャパ、スミス、スウォープ、三木~

 1936年アメリカで創刊されたグラフ雑誌『ライフ』は、休刊そして復刊を経て2007年に再び休刊となりました。『ライフ』誌は、著名な報道写真家を輩出し、数々の歴史的瞬間を捉えた写真を発表してきました。
 今展では、その『ライフ』専属カメラマンであった、著書「ちょっとピンぼけ」のロバート・キャパ、日本で水俣病の実態を撮ったユージン・スミス、ハリウッド映画界やファッション界で活躍したジョン・スウォープ、葉巻をくわえた吉田茂を撮った三木淳たちが、カメラのレンズを通して「戦争」に迫まった写真作品157点を展示します。

Photo
(c)三木淳

 また、様々な角度から戦争を捉える併催イベント(映画会、トークショー)も豊富に用意しております。

会期:2010年6月12日(土)~7月31日(土)10:00~18:00 
   *祝日を除く月曜休み
会場:あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)3階 企画展示室 
主催:神奈川県立地球市民かながわプラザ
   (指定管理者:財団法人かながわ国際交流財団)
協力:清里フォトアートミュージアム/ヤマトロジスティックス株式会社

展覧会と併催イベント、会場アクセスの詳細はこちらまで
http://www.k-i-a.or.jp/plaza/news/hohoemi_kikaku.html

***併催イベントのなかからひとつ紹介します。
河田明久氏(千葉工業大学)が「戦争と美術」を語ります。河田氏は、5月29日に再放送されたNHK番組「さまよえる戦争画 従軍画家と遺族たちの証言」にゲスト出演いたしました。

河田明久 「戦争と美術」
講演日:6月20日(日) 14時から
会場:あーすぷらざ 多目的室 (あーすぷらざ1階)


なお、河田氏の「あーすぷらざ」での講演会場は、チラシ・ポスター・HPでお知らせしている「映像ホール」から「多目的室」(あーすぷらざ1階)に変更になります。

|

« Juan Marsé: Historia de Detectives | トップページ | トーク「戦争と美術」 »

アートの紙魚/Art Topic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Juan Marsé: Historia de Detectives | トップページ | トーク「戦争と美術」 »