« 「インカ・マヤ・アステカ展」関連書籍 その1 | トップページ | マヤの衣装が語るもの »

2007年6月28日 (木)

海外派遣公募:バルセロナ派遣アーティスト募集

かつて物議を醸し出したトーキョーワンダーサイトですが、日本のアーティストをスペインのバルセロナに派遣する事業が目に止まりましたので、この情報を載せました。

内容からすると、スペインへの派遣なのですが、何故かメキシコがかんでいる。

****************************

「メキシコ―バルセロナ―東京 二国間交流事業:
バルセロナ派遣アーティスト」公募開始

2007年度、トーキョーワンダーサイトではメキシコ大使館との協力により、ヨーロピアンデザインインスティテュートと提携して、美術で活躍するアーティストの支援育成と、メキシコ-バルセロナ-東京間の文化交流を目的とし、3ヶ月間アーティストをスペイン バルセロナに派遣します。

「募集要項」、「応募用紙(和文)」もしくは「応募用紙(英文)」、「作品リスト」にて詳細情報をご確認の上、奮ってご応募ください。

メキシコ―バルセロナ―東京 二国間交流事業:「バルセロナ派遣アーティスト」募集
□応募締め切り:7月20日(金)必着 ※郵送に限る
□派遣期間:平成20年1月14日(月)~平成20年3月20日(木)
□募集内容:メキシコ-バルセロナ-東京間の文化交流の架け橋となる派遣アーティスト候補の募集
□応募資格
a.制作実績のある美術アーティストで、期間中、派遣先の指定された場所で制作活動に専念できること。
b.2008年3月末の時点で50歳未満の中堅アーティストとする。
c.滞在に支障のない十分なスペイン語、または英語力を有すること。
d.背景として「日本文化」を感じられる作品を制作していることが望ましい。
e.絵画、彫刻、写真のいずれかの分野であることが望ましい。
f.プログラム終了後、トーキョーワンダーサイトにスタジオ・プログラム派遣について規定の報告書を提出すること。
g.メキシコ、バルセロナ、東京都の芸術文化活動の発展に貢献できること。
h.専門とする分野で活動実績があり、将来の活躍が期待されること。
i.心身ともに健全であること。
j.1次選考を通過した場合は平成19年8月1日(水)に行われる2次選考の面接に必ず出席できること。
□選考方法
*1次選考 書類審査:平成19年7月27日(金)
1次選考通過者へ7月27日(金)に個別に通知する。
*2次選考 面接:平成19年8月1日(水)
場所:トーキョーワンダーサイト青山
2次選考通過者(3~5名)へ8月2日(木)に個別に通知する。
*3次選考 書類審査:平成19年9月中旬
2次選考を通過したTWSによる推薦アーティスト(3~5名)から、European Design Instituteが書類審査を行い、
最終的に派遣アーティスト1名が決定。9月下旬に派遣決定者に個別に通知する。

□お問い合わせ:トーキョーワンダーサイト青山 電話:03-5766-3732 担当:宇多村

トーキョーワンダーサイト

|

« 「インカ・マヤ・アステカ展」関連書籍 その1 | トップページ | マヤの衣装が語るもの »

アートの紙魚/Art Topic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「インカ・マヤ・アステカ展」関連書籍 その1 | トップページ | マヤの衣装が語るもの »