« アートで読み解くアメリカ社会 | トップページ | スペインのアートフェア(続き) »

2006年9月28日 (木)

第27回サンパウロ・ビエンナーレ関連企画

 ブラジルのサンパウロに拠点を置く8画廊が、第27回サンパウロ・ビエンナーレ(2006年10月7日~12月17日)開催に伴って、特別プログラム(10月~11月)を行います。今回はそのうち3画廊を紹介します。

■ Casa Triangulo
R. Paes de Araujo, 77, -Sao Paulo
Avaf_print 評価を受けているアーティスト集団「assume vivid astro focus」が、Casa Triangulo画廊のスペースをすべて使用して特別展を行う。また、「2Fanzine」と「Abravanation」のパフォーマンスや、アメリカ人ミュージシャンのDelia Gonzales & Gavin Russonの演奏もある。図版-Avaf print




■ Galeria Baro Cruz
Rua Clodomiro Amazonas, 526-8 Itaim Binii-Sao Paulo
Jac_leirner Jac Leirner展を開催する。サンパウロで開催される彼女の個展は、サンパウロで2000年以来のことである。「Little Lights」と称される展覧会は、インスタレーションや新作が展覧できる。作家は、アートを活性化させる詩の新たな定義や空間と時間のパターンを変える干渉を提案する。図版-Jac Leirner Lucecitas

■ Galeria Brito Cimino
Rua Gomes de Carvalho, 842 04547-003 Sao Paulo
Nelson_leirner Nelson Leirnerは、ブラジルでのポピュラー音楽や広範囲に及ぶポップなイメージからのさまざま要素を使って、政府の文化予算、美術マーケット、そしてマスメディアのグロバリゼーションに対して皮肉る。図版-Nelson Leirner A Lot(e)

|

« アートで読み解くアメリカ社会 | トップページ | スペインのアートフェア(続き) »

アートの紙魚/Art Topic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アートで読み解くアメリカ社会 | トップページ | スペインのアートフェア(続き) »